確実にバレる!プロミスの返済を遅延した時

申し込みも、契約も、借り入れも返済も、バレることなく利用してきたプロミスでもその可能性が突然に高まることがあります。
それは返済が遅れたとき。
返済が遅れるとどのようになるのか、金銭的なことではなく「バレる」ということに限ってみてみましょう。
約束した返済日に返済すること、これは契約によって決められています。
契約をすることによって融資を受けることができます。
簡単に破ることができないことはご存知のはずです。
返済が遅れるとまずはプロミスからメールでの連絡が来ます。
「ご連絡をお待ちしております」という内容になっています。
この時に連絡をしないままに返済を放置していれば登録してある携帯電話番号に連絡、それでも応じない場合には勤務先や固定電話のある自宅に電話での連絡となります。
電話での督促にも応じなかった時、今度は返済を催促するはがきに変わります。
はがきは途切れることなく毎月届きますが、放置することでなくなることはありません。
いずれの場合でもプロミスからであると名乗ることもありませんし、ハガキの差出人にプロミスと記載があるわけでもありません。
しかしばれる可能性は高いとは思いませんか?
個人あての電話やはがきが怪しまれないとは思えないものです。
一人暮らしであればまだしも、家族と同居をしていたりすることによってその可能性はさらに高くなることもまた言うまでもありません。
返済に遅れないようにすることでばれる可能性をさらに下げることができます。

関連記事